加圧シャツはかゆい?

健康ブームのお陰で、テレビや雑誌でも「美ボディ」という言葉をよく聞くようになりましたね。

やはり男性も女性もお腹に縦のラインの入った体は素敵ですね。そんな美ボディを目指す男女に今大人気なのが加圧シャツです。

ただこの加圧シャツ調べていくと、

かゆいの?」

という疑問の声を見かけました。

たしかに加圧シャツはピッタリと身体に吸い付くので、かゆくなりそうな雰囲気はありますね。。。

せっかく買ってもすぐに痒くなるようじゃ長い時間使えないし、トレーニングする気も起りません。

そこで今回は加圧シャツを着ていてかゆくなる原因対処法についてお話致します。

【当ブログイチオシの加圧シャツ】

男性なら⇒SASUKE

女性なら⇒エクスレンダー

 

加圧シャツを着てかゆくなる原因とは

かゆくなる原因は、大きく分けて3つあります。

  1. 肌の乾燥
  2. 偽物・低品質の加圧シャツ
  3. 雑菌が繁殖している

この中でも多いのが肌の乾燥です。

きちんと対策すれば改善できることもあるので、まずはその原因を順番に見ていきましょう。

かゆくなる原因1:肌の乾燥はかゆみの元

加圧シャツを着ていてかゆくなる時、最初にチェックしてもらいたいのが、肌の乾燥です。

加圧シャツは寝る時に着ても大丈夫?の記事でもお伝えしたように加圧シャツは肌を締め付けるので、その分汗をかきやすくなります。

その汗が蒸発する際、肌に必要な水分まで一緒に蒸発させてしまう事で肌が乾燥しやすくなります。

乾燥した肌はそれだけでもかゆくなりますが、それ以上に怖いのは肌を守る力が下がり刺激に弱くなることで、加圧シャツを着た時に擦れる刺激によりかゆみが助長されることです。

そのせいでさらに、かいてしまい肌を痛めて「前よりも刺激に弱くなる」という悪循環に陥ります。

かゆみは体質による所が大きいですが、一度かゆみが出てきたら厄介です。かゆみを感じたらまずは肌の乾燥を疑ってください。

 

【ポイント】

加圧シャツを着て汗をかきやすくなるというのはデメリットではなく、加圧シャツとしての役割をきちんと果たしている証拠なので心配ありません。

かゆくなる原因2:偽物・低品質の加圧シャツ

加圧シャツは莫大な人気で各メーカーからいろんな商品が出ています。

しかし、中にはその人気に便乗して粗悪品も発売されているのが現実です。

 

例えば、

  • そもそも加圧シャツじゃない(伸縮性がないのでこすれやすい)
  • 裁縫があらい(大量生産)
  • 吸汗性・通気性が悪い

など、品質の悪い加圧シャツはそれだけでかゆみも出やすくなります。

 

そもそも加圧シャツじゃなくただの小さい服というものも販売されています。これでは伸縮性がないので、着ているとこすれてしまいますし、もっと別の肌の異常をきたしてしまう可能性も高いです。

裁縫が粗いのも要注意。ほつれた糸が肌に刺さりチクチクと痒くなります。

また吸汗性や通気性の悪い生地を使っている場合もあります。これだとかゆみだけでなく臭いや別の肌トラブルを引き起こす原因にもなりますね。。。

かゆくなる原因3:雑菌が繁殖している

前述したように加圧シャツを着ることにより汗をかきやすくなります。

その汗が蒸発することにより本来必要な水分が奪われて、乾燥することによりかゆみが出ると先ほどお伝えしましたね。

実は原因はそれだけでなく、汗を放置しておくと雑菌の繁殖が進み、それが痒みへとつながるのです。

また雑菌によりかゆみだけでなく生地そのものが傷んでしまうというデメリットもあります。

【当ブログイチオシの加圧シャツ】

男性なら⇒SASUKE

女性なら⇒エクスレンダー

 

加圧シャツを着たかゆみへの対策は?

ここまで読んで、かゆくなる理由についてご理解して頂けたでしょうか?

 

【痒くなる3大原因】

  1. 肌の乾燥
  2. 偽物・低品質の加圧シャツ
  3. 雑菌が繁殖している

理由がわかったらあとは対処するだけです。これら原因を一つ一つ対策していきましょう^^

「肌の乾燥」への対策

最初に対策すべきは、かゆみの原因一位の乾燥ですね。

 

【乾燥に対する対策】

  • 保湿クリームや化粧水を使う
  • 睡眠をしっかりととる
  • 栄養バランスを考えて食事をとる
  • 身体を洗う時は強く擦らない

乾燥しないように保湿クリームや化粧水を使うのはもちろんですが、睡眠をしっかりとったり、食事のバランスを考えたりなど根本から日常生活を見直していくことが大切です。

「偽物・低品質」への対策

先ほど、

  • そもそも加圧シャツじゃない(伸縮性がないのでこすれやすい)
  • 裁縫があらい(大量生産)
  • 吸汗性・通気性が悪い

このような粗悪品に気をつけましょうとお伝えししました。

と言っても加圧シャツはネット限定販売のものが多いので伸縮性や裁縫を確認することはできませんね。

市販で売っていたとしても衛生面を考えて大抵は袋綴じされているのでチェックのしようがありません。

 

ではどうすれば良いか?

 

答えは「売れている商品」を選ぶことです。

 

月並みの考え方かもしれませんが、周りに使っている人がいない、もしくは実物を見れない商品の場合は他の人の評価を参考にするしかないのが現実です。

今のご時世、もし粗悪品だった場合は、あっという間にSNSで拡散されます。販売会社が火消しをしようとしても、それ以上に拡散力が強いので粗悪品はすぐに「ダメな商品」としてレッテルを貼られてしまいます。

つまり、粗悪品はそもそも売れていないという事ですね^^

 

 

【当ブログイチオシの加圧シャツ】

男性なら⇒SASUKE

女性なら⇒エクスレンダー

 

 

「長い物には巻かれろ」ではありませんが、結局良い商品だけが生き残っているといえるのではないでしょうか?

雑菌への対策

加圧シャツはできるだけ長時間着用したいです。ですので運動中のみでなく、日常生活でも着ている方が多いです。

なるべく長く着た方が、「ダイエットや筋トレへの意識付け」「暴飲暴食の抑制」などメリットだらけなのですが、前述したように普段よりも汗をかきやすくなるという事を忘れてはいけません。

 

汗を放置しておくと雑菌の増殖により、

  • かゆみが酷くなる
  • 臭くなる
  • 生地が傷む

などの原因となってしまいます。

 

かといって会社にいるときは、なかなかシャツを脱いで着替えることはできませんね。

ですので、「少し汗ばんできたな」と感じたら薬局で買える汗拭きシートで身体を軽く拭きましょう。これだけで随分変わりますよ^^

かゆみなどが出やすい体質の人は「敏感肌用」の汗拭きシートもありますので安心です。

【まとめ】かゆくなりにくい加圧シャツの選び方&条件

最後に今回の記事のポイントをまとめておきますね。

 

【かゆくなる原因】

  1. 肌の乾燥
  2. 偽物・低品質の加圧シャツ
  3. 雑菌が繁殖している

大きく分けると痒くなる理由はこの3点です。

 

【乾燥が原因で痒くなった場合の対策】

  • 保湿クリームや化粧水を使う
  • 睡眠をしっかりととる
  • 栄養バランスを考えて食事をとる
  • 身体を洗う時は強く擦らない

 

【偽物・低品質により痒くなった場合の対策】

  • 売れている商品を選ぶ
  • 3カ月以上続いている商品を選ぶ(できれば半年)

手に取って品質を確かめられない商品の場合、やはり売れている商品を選ぶというのは鉄則です。

そもそも粗悪品はすぐに悪い口コミが拡散されて消えてしまいますね。ですのでなるべく長い期間(できれば半年以上)人気のある商品を選びましょう。

 

【雑菌による痒みへの対策】

  • 汗拭きシートを常備しておく(敏感肌用の)
  • 着替えられるときは着替える

仕事など外出時はなかなか着替えられないので汗ばんできたら汗拭きシートで軽く体をふきましょう。自宅に戻ったらなるべく早めに着替えて、脱いだ加圧シャツも雑菌が繁殖しないようになるべく早めに選択すると良いです。

 

【おすすめの加圧シャツは?】

加圧シャツは星の数ほど販売されていますが、やはり先ほどもお伝えしたように「長く愛されている商品」を選ぶのがベターです。

どの業界、どの商品にもファンがいれば必ずアンチもいます。良い口コミもあれば悪い口コミもあります。

でも結局は売れている商品が安全・安心なのは言うまでもありませんね。

 

【当ブログイチオシの加圧シャツ】

男性なら⇒SASUKE

女性なら⇒エクスレンダー

 

最後までありがとうございました。