金剛筋シャツ洗濯機画像

 

今回は金剛筋シャツの正しい洗い方と干し方について図解を交えてお伝えします。

どこよりも詳しくまとめました(自称)

この記事を読めば金剛筋シャツを1秒でも長持ちさせるための洗い方をマスターできます。

金剛筋シャツはスパンデックスという競泳用の水着にも使われるほど丈夫な繊維が使われています。でも、どんな頑丈な素材でも正しく扱わないと必ず痛んでしまいますね。。。

  • 洗濯機は使えるのか?
  • 洗剤や柔軟剤は使ってもいい?
  • 痛まないように干すには?
  • 毛玉やほつれを防ぐには?
  • 乾燥器で乾かしてもいい?

など金剛筋シャツを洗濯する上での疑問や注意点を網羅しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

金剛筋シャツを洗濯機で洗う方法!少しでも長持ちさせるために

金剛筋シャツは洗濯機を使って洗ってもよいのでしょうか?

結論から言うとOKです。

たしかに最近の洗濯機であれば全自動で、洗浄から脱水までしてくれて大変便利です。特に独身男性であれば迷うことなく洗濯機に入れてスイッチON!ですね^^

冒頭でもお伝えした通り、金剛筋シャツは普通のシャツに比べて丈夫です。でも、世の中にあるすべての物質には寿命があります。

洗い方や干し方によってその寿命は1年も2年も変わってきます。せっかくなら1分1秒でも長持ちさせたいですね。

そのために洗濯機を使う際のいくつかの注意点がありますのでご紹介します。

洗剤はどんなものを選べばいい?

まず洗剤は使っても大丈夫です。基本的には普段使っている洗剤でよいのですが、汚れ落としが強力な洗剤は避けた方が長持ちすると言われています。

洗剤には中性と弱アルカリ性の2種類ありますが、洗浄力は弱アルカリ性の方が強いです。また、液体と粉末のものがありますが、粉末の方が洗浄力が強いです。

ですので理想は「中性の液体洗剤」を使うことです。

でも「いちいち成分を見るのはめんどくさい!」という人もいるはず。そんな時は「おしゃれ着洗い用の洗剤」を選びましょう。

おしゃれ着洗い用の洗剤であれば、洗浄力は落ちますが、繊維を長持ちさせることができます。また色落ちを防ぐ効果もあります。

漂白剤や柔軟剤は使ってもいい?

金剛筋シャツの裏側のタグを確認すると、

漂白剤禁止

このような画像が表示されています。

これは「漂白処理をしないでね」という意味です。ですので漂白剤は使わないようにしましょう。

また、柔軟剤は特に禁止はされていませんが、そもそも柔軟剤の役割は衣服を柔らかくフワフワにするのが目的です。

金剛筋シャツの魅力は「加圧力」なのでフワフワ感は必要ありませんね。ですので少しでも長持ちさせるために柔軟剤は使わない方が良いと思います^^

乾燥機は使うと破れたりほつれの原因に!

最近では乾燥機の機能が付いた洗濯機が増えてきています。では金剛筋シャツは乾燥機を使えるのでしょうか?

金剛筋シャツのタグを見ると、

タンブル乾燥機禁止

このようなマークがあります。

これは「タンブル乾燥はできません」という意味です。タンブル乾燥とは熱を加えながら回転させて乾かすことです。よくコインランドリーにあるあれですね。

タンブル乾燥はとっても便利ですが、金剛筋シャツでは使わないようにしましょう。もつれやほつれの原因になる可能性があります。

毛玉防止に洗濯ネットをつかおう

金剛筋シャツを洗濯機で洗う場合は洗濯ネットを使うことをお勧めします。

洗濯ネット画像

洗濯機はもの凄い水圧と回転によって衣服などの汚れを落とします。ほとんどの汚れは洗剤を使わなくても取ることができます。

洗剤を使わなくても汚れが落ちるという事はそれだけ、衣服にダメージを与えているとも言えますね。物凄い力持ちのマッチョが目いっぱい服をぶん回しながら水をぶつけているのをイメージしてください。

当然、洗うたびに衣服は傷んでいきます。毛玉にもなりやすいですし、襟元や袖が伸びる原因にもなりかねません。

ですので少しでも金剛筋シャツを長持ちさせるために「洗濯ネット」を使うことをお勧めします。

 

洗濯ネットは100均で手に入れることができます。金剛筋シャツだけでなく、大切にしている衣服を守ることができますので一つ持っておくと便利です。

また、金剛筋シャツを裏返してから洗濯ネットに入れることにより、さらにダメージから守ることができますよ^^

洗濯のコースはどれを選べばよい?

洗濯機には、

  • 標準
  • おいそぎ(スピードコース)
  • ドライ
  • 毛布コース

など様々なコースがありますが、金剛筋シャツを洗う場合はどれを選べばよいでしょうか?

この中で一番のお勧めは「おしゃれ着コース」もしくは「ドライコース」です。

 

おしゃれ着洗いを洗濯

 

ここでいうドライコースとはクリーニング屋さんのドライクリーニングとは異なります。洗濯機のドライはデリケートな衣服を洗う時のためのコースです。

ドライコースは標準コースよりも水流が弱く、つけおき時間や脱水時間が短いので痛みにくいです。

またドライコースを使う場合も前述したように、おしゃれ着用洗剤を使い、洗濯ネットに裏返して入れるとよいです。

ドライコースがない場合はおいそぎ(スピードコース)でもOKです。標準よりも「すすぎ」と「脱水」の回数が少ないので痛みにくくなるためです。

「今日は汗を沢山かいた」からと言って「つけおき」や「毛布コース」を選ぶと寿命を短くしてしまうので注意が必要です。

もっと長持ちさせるなら手洗いがベスト!

先ほどお伝えしたように、洗濯機を使う上での注意点を守ることにより金剛筋シャツの寿命を長持ちさせることができます。

でも「もっと長持ちさせたい!」という人は手洗いがベストです。洗濯機にもドライコース、手洗いコースがありますが、これらを使う以上、どうしても摩擦が加わってしまいます。

そこで正しい手洗いの方法と注意点をまとめてみました。

手洗いする場合の水温は?

手洗いするためには、洗面台のシンクや桶などに水を貯める必要がありますが、その水温は何度がベストでしょうか?

金剛筋シャツのタグには、

金剛筋シャツ手洗い

このようなマークが書かれています。これは「40℃以下で手洗いができる」という意味です。

ですので30~33℃くらいの、いわゆる「ぬるま湯」がベストです。

加える洗剤の量は?

ぬるま湯を入れる前に、シンクや桶にどれだけ容量が入るのかをチェックしておくとよいです。なぜなら水量が分かれば洗剤を入れる量も正確に把握できるからです。

そのためにおススメなのが「ペットボトル」です。

一度ペットボトルに入れてからシンクに注ぐことにより、その回数によって容量が分かりますね。2リットルのペットボトルで5回なら10リットルとなります。

この数値を覚えておけば2回目以降は測るる必要がありません。

加える洗剤の量はメーカーによっても異なってきますので、パッケージをご覧ください。

上手な手洗いの仕方

手洗いには、

  • 押し洗い
  • つけ込み洗い
  • こすり洗い
  • もみ洗い
  • 振り洗い

など様々な方法があります。衣服の素材や汚れ具合によって使い分けていきます。

 

金剛筋シャツを少しでも長持ちさせるために絶対に避けたいのが「ぐちゃぐちゃにもみながら」洗う行為です。

金剛筋シャツNG行為

いくら金剛筋シャツが丈夫だからといっても、さすがに外部から強い刺激が加わると破れやほつれの原因になります。

 

私のお薦めは「押し洗い」です。

押し洗いであれば汚れもしっかりと落とせて、かつ傷みにくいです。

 

【押し洗いの方法】

  1. 衣服を畳んだ状態で沈める
  2. 押しながら20~30回洗う
  3. ひっくり返して再度20~30回押しながら洗う
  4. すすぎも押しながら行う

 

 

すすぎ洗いの方法

【ワンポイントアドバイス】

せっかく押しながら丁寧に洗っても、すすぐ時にぐちゃぐちゃっと洗剤を洗い流す人がいます。それだと傷みやすいのですすぎの際も基本的にジャブジャブと押しながら洗剤を洗い流しましょう。

すすいだ後は優しくタオルで脱水を

洗剤を完全に洗い流したら脱水を行います。

が、ここで注意点が。

それは「ギュっと固く絞らない」ということです。

せっかく優しく丁寧に洗ったのに最後に強く絞ってしまったら、破れやほつれの原因になります。

では金剛筋シャツはどのように脱水すればよいでしょうか?

 

答えば「タオルドライ」です。

金剛筋シャツはタオルドライがベスト

タオルドライのやり方は超簡単。乾いたタオルに挟んで上から軽く押さえるだけです。

金剛筋シャツは薄手で、スパンデックスというとても乾きやすい素材が使われています。ですのでこの程度の脱水でも十分ですよ^^

ただ、

「タオルドライは面倒だから洗濯機の脱水機能を使いたい!」

という人もいると思います。たしかに洗濯機の脱水機能は早くて便利ですが注意点が二つあります。

 

【洗濯機の脱水機能を使う際の注意点】

  1. 洗濯ネットに入れる
  2. 時間は一番短くする

脱水機能を使う際に絶対にやってほしいのが「洗濯ネットに入れる」というものです。洗濯機の工程の中で一番衣服にダメージを与えるのは「脱水時」と言われています。

ですので、脱水の際も必ず洗濯ネットに入れるようにしましょう。

また、時間は一番短いものを選択してください。もし時間調整のできない洗濯機の場合は10~20秒ほどで停止すれば良いと思います。前述した通り金剛筋シャツは薄手でしかもとっても乾きやすいので、短い時間でも充分です。

ただ、理想はやはり「タオルドライ」です。せっか手洗いという面倒な作業をしたのなら脱水まで手作業で行いましょう^^

金剛筋シャツを傷めない干し方

せっかく丁寧に洗濯をしても干し方を間違えてしまうと、それまでの苦労が水の泡になってしまいます。

家に帰るまでが遠足と同じで、乾かすまでが洗濯です。

そこで、金剛筋シャツを干す際の注意点をいくつかまとめました。

直射日光を当てない!できれば部屋干し!

直射日光の紫外線はお肌だけでなく、衣服の日焼けの原因になります。

とくに金剛筋シャツのブラックは色あせてしまったら、かっこ悪いですね。

ですので、ベランダの日光が直接当たらない場所、もしくは部屋の中で干しましょう。部屋干しする場合もいくつかポイントがあります。

 

【部屋干しの注意点】

  • なるべく風通しの良い場所を選ぶ(窓際など)
  • できれば除湿器を使う

また、「部屋干しだと臭いが心配。。。」という人もいると思います。

でもそこはご安心ください。

金剛筋シャツには「アモルデン」という消臭成分が塗布されています。アモルデンは靴の中敷きなどにも使われる成分で、抗菌、防カビ効果があります。

そもそも、衣服がくさくなる原因は「乾くのが遅くて雑菌が繁殖するため」です。金剛筋シャツは薄手なので雑菌の繁殖前に乾きやすいのも魅力の一つですね^^

ハンガーを使う場合の注意点

金剛筋シャツをハンガーを使って干す場合もいくつか注意点があります。

 

【ハンガーで普通に干す場合の注意点】

まず首の部分からハンガーを通すと伸びる原因となるため、下から通すようにしましょう。そして針金ハンガーではなく、なるべく太めのハンガーを使うと型崩れしにくくなるのでお薦めです。

 

【折り曲げてハンガーに干す場合の注意点】

タオルを干すように中央で折り曲げてハンガーにかければ、型崩れを防ぐ事ができます。

ただその場合、胸部と腹部に接着面ができるので、その部分が乾きにくくなり雑菌を繁殖させる原因となります。

ですので、1時間くらいしたら上下を逆にすると効率よく乾かす事ができます。

絶対型崩れを避けたい人は「平干し」がオススメ

普通にハンガーに袖を通して干すと、シャツの重みで型崩れの原因となります。

そこで「絶対に型崩れを避けたい!」という人には平干しがオススメ。

平干しとは、平らな状態で干す方法です。重力がかからないので、伸びたりよヨレを防ぐ事が可能です。

ただし、テーブルの上にそのままポンと置いても通気性がないので、雑菌を繁殖させてしまい臭いの原因になります。

100均に行けば、平干し用のネットなど便利グッズが販売されていますが、買いに行くのが面倒な場合はメタルラックやピンチハンガーでも代用できます。

ピンチハンガーとは洗濯挟みが沢山ついてる、靴下や下着を干すアレのことです。ピンチハンガーの上は広くなっているので上手く平干しする事ができますよ。

またピンチハンガーやメタルラックが無くても、通気性がよくて、平らに金剛筋シャツを置けるものであれば、なんでもOKなので部屋の中で使えるものがないか見渡してみましょう^^

その他注意点まとめ(金剛筋シャツのタグより)

金剛筋シャツのタグに書いてある注意点をまとめました。

 

金剛筋シャツは手洗い可能

手洗いがOKのマークです。
水温は40℃まで(30~33℃がベスト)

 

金剛筋シャツは漂白NG

漂白剤が禁止のマークです。
念のため柔軟剤も避けた方がよいです。

 

タンブル乾燥は禁止

タンブル乾燥禁止のマークです。
乾燥機は使わないようにしましょう。

 

吊り干し推奨マーク

日陰でつり干ししましょうというマークです。
直射日光を避けましょう。

 

アイロンは低温で

110℃を限度としてアイロンがけが出来るというマークです。
金剛筋シャツは着ればピタっと張り付くのでアイロンがけは必要ありません。

 

ドライクリーニング禁止ロゴ

ドライクリーニング禁止のマークです。
洗濯機のドライコースはOKです。

 

ウェットクリーニング禁止マーク

ウェットクリーニング禁止のマークです。
クリーニング店が行う特殊な技法です。

金剛筋シャツの洗い方と干し方のまとめ

今回は金剛筋シャツの洗い方と干し方をお伝えしました。

長々と書きましたが、この方法は金剛筋シャツだけでなく、大事に扱いたい衣服、全てに応用することができます。

最後にポイントをまとめておきますね。

 

【洗濯機を使う場合の注意点】

  • 洗剤は「おしゃれ着洗い用」、もしくは中性の液体を選ぶ
  • 漂白剤や柔軟剤は使わない
  • 乾燥機は使わない
  • 洗濯ネットに裏返しで入れて洗う
  • 洗濯コースは「おしゃれ着コース」、もしくはドライコースを選ぶ

 

【手洗いの場合の注意点】

  • 水温は30~33℃のぬるま湯がベスト
  • 水の量をペットボトルで測っておく
  • 水の量に合わせて洗剤の量を調整する
  • ぐちゃぐちゃにもみながら洗わない
  • 理想は押し洗い(20~30回押す)
  • すすぎも押しながら
  • 脱水はタオルドライで

 

【痛みにくい干し方】

  • 直射日光を避ける
  • 室内で干す場合は風通しの良い場所を選ぶ
  • できれば除湿器を使う
  • ハンガーを使う場合は首からではなく下から通す
  • 理想は平干し(平干し用ネットやメタルラックなど通気性のよいものを選ぶ)

 

上記を守りながら洗濯をすることにより金剛筋シャツを傷めずに長持ちさせることができます。

前述したように金剛筋シャツに限らず「大切に扱いたいシャツ」にも応用可能なのでぜひご活用ください。

 

現在男性に一番お薦めの加圧シャツはシックスチェンジです。口コミや評判などを見ていってもその存在感は圧倒的です。詳しく知りたい人はシックスチェンジの口コミをご覧ください。

最後までありがとうございました。