太陽とマッチョ

 

ウィンゾーンプロテインホエイWINZONE PROTEIN WHEY)は筋トレ初心者はもちろん、上級者からトップアスリートにまで愛される万能プロテインです。

ウィンゾーンプロテインホエイの口コミや評価の記事でもお伝えしましたが、価格、プロテインの質、飲みやすさなど総合的に分析して「買い!」という結論がでましたね^^

ただ、飲むタイミングや回数、トレーニング方法によって1か月後、2か月後の成果は大きく変わってきます。

せっかく同じ労力とお金をかけるのであれば少しでも効果的に効率よく飲みたいですね^^

そこで今回はウィンゾーンプロテインホエイの効果的な飲み方(回数・量・タイミング)に関してまとめました。

 

まだ購入していない人⇒ウィンゾーンプロテインホエイの最安値

 

 

ウィンゾーンプロテインホエイの基本的な飲み方

まずはウィンゾーンの基本的な飲み方について解説します。

基本的な作り方

ウィンゾーンプロテインホエイには付属のスプーンがついています。

 

【シェイカーを使う場合】

  1. シェイカーに水、もしくは牛乳150mlを注ぎます
  2. ウィンゾーンプロテインホエイを付属のスプーンですりきり2杯入れます
  3. 蓋をしめて5~10回、軽くシェイク。
  4. 腰に手を当ててゴクゴク飲む(これは好みで構いません)

 

【シェイカーを使わない場合】

もしシェイカーが無ければ、グラスやコップで代用しても構いません。ウィンゾーンプロテインホエイは水(もしくは牛乳)がたったの150mlで良いので普通のコップでもこぼれることはないのでご安心ください^^

  1. グラスやコップに水もしくは牛乳を150ml注ぐ
  2. ウィンゾーンを付属のスプーンすりきり2杯入れる
  3. 家庭用のスプーンもしくはマドラー、箸で混ぜる
  4. ティータイムを楽しむように優雅に飲む(飲み方はお好みでどうぞ)

基本的な飲むタイミングと回数

それでは次に飲むタイミングについてお伝えします。

【トレーニング後は必ず】

まず絶対に飲んでほしいのが、「トレーニングの後」です。トレーニング後は筋肉が披露しているので、タンパク質を必要としています。その必要としているタイミングに飲むのが一番吸収されやすいと言われています。

またウィンゾーンにはタンパク質だけでなく、11種のビタミンやミネラルが含まれているので疲労回復にも一役買ってくれます。

 

【起床後】

朝、起きたばかりはタンパク質が不足している状態です。例えば前日20時に夕食とって、翌朝7時に起きた場合、11時間も何も食べていない状態が続いています。

それではタンパク質が不足して筋肉が分解されてしまう恐れがあります。ですので朝食を食べない派の人もプロテインは飲んでおきたいですね^^

 

【就寝前】

起床後はタンパク質が不足しているので筋肉分解されやすいとお伝えしました。ですので、そのタンパク質の不足状態を少しでも軽減するために就寝前にも飲んでおきましょう。

また寝ている間は成長ホルモンが分泌されています。寝る子は育つといいますがまさに理にかなっていますね^^

ただ、寝る直前に飲むと胃に負担がかかるので、寝る1~2時前に飲むのが良いです。

 

この3回は歯磨きと同じように日々のルーティングとして取り入れるようにしましょう。

【応用編】ウィンゾーンプロテインの効果的な飲み方

日常生活をトレーニング

 

次はウィンゾーンプロテインの効率的な飲み方を解説していきます。

日常生活をトレーニングに変えよう

意識的にトレーニングをしていなくても実は日常生活の中でも体は鍛えられています。

例えば、

  • 歩く(会社の往復や買い物)
  • 階段の上がり下がり
  • 掃除、家事
  • 笑う、歌う、泣く

このように何気ない日常生活の中でもカロリーは消化されますし、地味に筋トレにもなっています。

よく笑う人は健康的と言われますが、大声で笑うと腹筋が痛くなりますね。これも実は腹筋が鍛えられているのです。

また普段姿勢が悪い人が、背筋を伸ばそうとすると背中が窮屈に感じると思います。これも普段使わない筋肉を使っているということになりますね。

つまりよく笑い、姿勢がよく、活動的でイキイキしている人ほど、相乗効果でどんどん健康的になっていくと言えます。

 

日常生活をトレーニングに変えるアイデア

  • エスカレーターやエレベーターを極力使わない
  • 仕事中や休憩時間も良い姿勢で過ごす
  • 奥さんに家事を任せきりの人は積極的に手伝う
  • 普段の会話は意識的にお腹から声を出す

 

一見当たり前のように感じるかもしれませんが、人間は楽な方楽な方へと流される生き物です。これらを意識的に行うだけでも大きな変化が見られると思います。

トレーニングをしない日は何回飲む?

基本は前述したように、

  1. トレーニング後
  2. 起きた後
  3. 寝る前

この3回で問題ありません。ではトレーニングをしない日は2回にした方が良いのでしょうか?

結論から言うと3回飲んでも良いです。

先ほどもお伝えしたように、我々は通勤や家事などの日常生活の中で自然に身体が鍛えられています。ですので起床後、就寝前にプラスして3時のおやつとしてもう一回付け加えても問題ありません。

ただ、その場合は前述したように、意識的に歩くようにする、姿勢をよくする、家事を積極的に行うなど、いつもよりも活動量を上げるようにすると尚良いです^^

また、「1日中ダラダラと寝ているだけ」という日も中にはあると思いますが、その場合は朝と夜の2回だけでも良いと思います。

 

【トレーニングしない日の飲み方まとめ】

  • 仕事など活動的な日・・・3回
  • ダラダラ寝て過ごす日・・・2回

このようにプロテインの摂取回数にルールはありませんので、その日の活動量によって臨機応変に対応していきましょう。

トレーニングを1日2回以上行う日の飲む量は?

トレーニングを1日に2回以上行った場合は、その分飲む量や回数を増やした方が良いのでしょうか?

それは「目的」によって異なります。

 

【ダイエットや細マッチョになるのが目的の場合】

例えば、ダイエット目的、細マッチョ目的の場合は1日60gほどの摂取で十分です。

ウィンゾーンプロテインに含まれるたんぱく質は、およそ20gです。つまり1日3回飲めば60g摂取できる計算になります。

ですのでトレーニングを2回以上行う場合は、1回の飲む量を調整するとよいです。

通常は付属のスプーンで2杯入れますが、それを1杯に減らしましょう。もちろん加える水の量も通常は150mlですが半分の75ml前後に調整します。

それによりトレーニング後のゴールデンタイムを逃すことなく効率的に摂取することができますね^^

 

【体を大きくするのが目的の場合】

体を大きくする、もしくは筋肉量をアップするのが目的の場合は、1日の摂取量を1食分増やしても良いと思います。

1日に2回トレーニングする場合は、

1回目・・・朝
2回目・・・トレーニング後
3回目・・・トレーニング後
4回目・・・寝る前

このように1日に飲む回数を4回にします。

3回以上トレーニングを行う場合も、トレーニング後のゴールデンタイムを逃さないように毎回飲むのがポイントです。その場合は通常スプーン2杯のところを1杯分にするなど調整を行いましょう。

まとめ&お得に買う方法

筋トレに悩む男性

飲む回数やタイミングはもちろん大切ですが、それよりも重要なのは「続ける事」です。

ウィンゾーンプロテインホエイは医薬品ではありません。あくまでも栄養補給の一つです。それだけで痩せるわけでも筋力がアップするわけでもありません。

続けるためには「飲むことを日常生活の一部にする」ことが大切です。

朝起きたら歯を磨くのと同じように、トレーニングしたらプロテイン、寝る前にプロテイン、このように習慣化することにより無理なく続けることができます。

続けるための工夫やアイデア

WINZONE PROTEIN WHEYは他のプロテインに比べて、ドロドロ感も少なくとっても飲みやすいのが特徴です。

でもどんなに飲みやすくても毎日の事なのでどうしても飽きてしまいますね。

そこで続けて飲むためのアイデアをお伝えします。

 

【風味を変えてみる】

シナモンパウダー」を一振りすると味が引き締まってグッと飲みやすくなります。

またシナモンが苦手な人は「ミント」もオススメです。

このようにちょっとだけ味に変化を加えることによって長く続けることができますよ。

色々と試してみて「これはいける!」というレシピができたら是非教えてくださいね^^

 

【濃さを変えてみる】

水や牛乳を入れる量を変えるだけでも、口触りが変化します。マンネリ化してきたら是非試してください。

ただウィンゾーンを入れる量は1食スプーン2杯を守りましょう。

この量をベースに、

  • 濃い目にする場合・・・水を130mlにする
  • 薄味にする場合・・・水を180mlにする

このように水や牛乳の量で調整してください。

ウィンゾーンプロテインホエイはどこで買うのがお得?

前述したように何よりも大切なのは「続けること」です。であれば、1円でもお得に買いたいですね^^

そこで徹底的にリサーチしてお得に買う方法を見つけ出しました。

ぜひ参考にしてください。

 

購入はこちらから
↓ ↓ ↓
ウィンゾーンプロテインホエイの最安値

 

 

最後までありがとうございました。