カーヴィーフィットパッケージ

カーヴィーフィット着た瞬間にくびれができると噂の大人気加圧ブラトップです。

 

そんなカーヴィーフィットですが、

  • きつくて着れない・・・
  • 正しく着ないと効果が半減する・・・
  • 着ただけでは効果がない・・・
  • 寝る時に着てもいいの?
  • ブラジャーはつけたままでいい?

などの口コミを見かけました。

 

そこで今回はカーヴィーフィットの簡単な着方と、効果を最大限に引き出すためのオススメの使い方を解説します。

カーヴィーフィットはブラトップなので基本的にはブラジャーは必要ありません。ただし市販されているブラトップとは違うので注意点もいくつかあります。

「失敗」しないためのポイントもいくつか記載しましたので是非最後までご覧ください^^

 

 

【図解】カーヴィーフィットの正しい着方

まずはカーヴィーフィットの正しい着方をご紹介していきます。着方を失敗してしまうと傷んだり、破れたりする原因となってしまいます。

着るのが難しいという口コミを見かけましたが慣れてしまえば簡単なのでどうぞご安心ください^^

 

★カーヴィーフィットの正しい着方

 

カーヴィーフィット着方その1

カーヴィーフィットの着方で一番のポイントは「足側から着る」という点です。普段と同じように頭から着用すると破れたり傷んだりする原因となります。

イメージとしては着るというよりもむしろズボンのように足側から履くという感覚です。

 

上から履く

冬場など腹巻をつける人はイメージをつかみやすいかもしれませんね^^

はじめは難しく感じるかもしれませんが慣れてしまえばとっても簡単です。

また、この際に注意点が2つあります。この注意点を守らないと十分な加圧を受けられなくなりますし、最悪破れてしまうケースもあります。

 

注意点1「爪を立てない」

 

爪を立てない

 

注意点の一つ目が爪をたてないという点です。

カーヴィーフィットに限らずどんな高級な衣服も爪でひっかいたら破れたり、ほつれたりしてしまいます。ですので手の爪だけでなく足の爪もひっかけないように注意して下さい。

もし心配な方はハンカチをかませたり、靴下をはいてから着用するとスムーズです。

 

注意点2「足を通す穴を間違えない」

カーヴィーフィットは頭を通す部分に足を入れてはいていきます。その際にも注意点があります。

それは、「足を通す穴を間違えない」という点です。

穴を間違えない

間違って腕を通す穴に通してしまうと破れてしまう可能性もありますし、最悪バランスを崩して転倒してしまう恐れもあります。

そうならないためのコツとして、

  1. 出来れば座った状態で履く
  2. 下の穴を前もって手で広げておく

これで通し間違いや店頭の危険を防ぐことができます。

 

カーヴィーフィット着方その2

カップの中にバストが収まるように調整します。

ポイントとしては脇腹のお肉をバスト側へ引き寄せるようなイメージです。ステップ3で仕上げを行いますので、ステップ2ではバスト、ウェストの位置を整えるだけでOKです。

次はステップ3に移ります。

 

カーヴィーフィット着方その3

 

 

 

 

 

 

 

せっかくクビレができて、正しい姿勢になってもバストラインが崩れてしまってはもったいないですね。

そこで、最後の仕上げ「バストライン」を作っていきます。

少し前屈して、背中や脇まわりの余った脂肪をカップの中にねじ込みましょう。これによりバストが強調されて、より一層くびれが際立たされます^^

以上が基本的なカーヴィーフィットの着方となります。

次は応用編です。

寝る時に着用してもいい?パッドは外すの?

着たまま寝ていい?

寝ている時もずっと着用しています」という口コミがありました。

では、カーヴィーフィットは就寝時に着ても問題ないのでしょうか?

結論から言うと着たまま寝ても大丈夫です。というよりもむしろ1秒でも長く着た方が良いので着用をおすすめします。

ただし、まだ買ったばかりで着慣れていない時は少し苦しく感じるかもしれません。

そんな場合は、無理をせずに普通のゆったりとしたTシャツやパジャマに着替えましょう。

 

  1. まずはテストで着たまま寝てみる
  2. 起きてから体の痛みや疲れがないかどうかチェック
  3. 無理なく続けられるようなら就寝時も毎日着る

 

★ポイント

寝苦しくなった時のために枕元に着替えのシャツを準備しておきましょう。

 

また、寝ている時はパッドは外した方が良いのでしょうか?

公式サイトでは寝るときはパッドをつけてブラトップとして着用することがオススメされています。確かに寝るときはバストが横に流れやすいので、形を維持するためにもパッドはつけた方が良いかもしれませんね^^

ただしパッドをつけたままだと圧迫感があって嫌という人もいると思います。その場合はもちろん外してもOKです。

理想のくびれを作るためには「継続」が大切です。ぜひ少しでも長く続けられるように工夫をしていきましょう。

ブラジャーをつけたまま着てもいいの?

次は「市販のブラジャーをつけた状態でカーヴィーフィットを着ても良いの?」について検証します。

カーヴィーフィットにはもともとパッドがセットでついています。

このパッドは自由に取り外しができるのでシーンによって使い分けることが可能です。

例えば、先ほどお伝えしたように寝るときはバストの形を整えるためパッドを付けても良いですし、逆に寝苦しい人は外してもOKです。

またカーヴィーフィットはバストのカップの部分は加圧されていません。

ですので、普段のブラジャーをつけた状態でカーヴィーフィットを着用することも可能です。

つまり、

  1. バスト部分はいつものブラでボリュームアップ
  2. ウェスト部分はしっかりと加圧して「くびれ」を演出

このように、着用することによりメリハリボディが出来上がるのです。

 

これにより諦めていたタイトな服も上手に着こなせるようになるかもしれませんね^^

カーヴィーフィットのおすすめの使い方

魔法

 

前述したようにカーヴィーフィットは着用することによりメリハリボディを作ることができます。

でも、あくまでもそれは着用している間だけです。つまり12時を過ぎたら魔法が解けるシンデレラのようなものです。

本来の目的はカーヴィーフィットを着なくても「くびれ」を作る事ですね^^

 

そこで、今すぐ実践できるおすすめのカーヴィーフィットの使い方をお伝えしたいと思います。

まず「くびれ」を作るための根本的なメカニズムを解説します。

 

★くびれのメカニズムとは?

よく「腹筋をすればくびれができる!」と、ひたすら腹筋運動をされている人がいます。私も経験がありますが、地獄のような腹筋トレーニングをしても目に見えて大きな変化はありません。

 

でも・・・

 

残念ながら腹筋運動だけでくびれを作るのは難しいです。。。

 

なぜなら「脇腹のお肉が余ったままになるから」です。

脇腹のお肉が余っていると正面から見た時に寸胴のような体型に見えてしまいます。

逆に脇腹のお肉がなくなれば、キュッと引き締まり肋骨が適度に浮かび上がり、水着モデルのようなスタイルになれます。

 

そのためにおすすめなのが「腹斜筋トレーニング」です。

普段使わない筋肉なので初めは戸惑うかもしれませんが慣れてしまえばとっても簡単です。

 

★当ブログオススメ「ながら腹斜筋トレーニング」

文字通りテレビを見ながら、音楽を聴きながら、子供と会話をしながら、いつでもどこでも実践できてしまいます。

1セット15秒から30秒ほどでOKなので、まさにテレビコマーシャルの時間と同じですね^^

 

「CMになったらトレーニング」

これを家族のキャッチコピーにしてみるのも楽しくダイエットするコツですよ^^

カーヴィーフィットは1枚で着ると透ける?

次はカーヴィーフィットは「透けるのか?」について解説いたします。

結論からいうとカーヴィーフィットは透けます。

 

とくにホワイトの場合、中につけているパッドも透けて見えます。ブラックもホワイトに比べて透け感は低いですが、やはり肌に直接触れている部分は透けます。

 

ですので市販されているスポーツ用のブラトップと同じように1枚だけ着てランニングというわけにはいきません。

ですので、インナーというよりも「肌着」もしくは「下着」というイメージで考えて下さい。

肌にぴったりと吸い付きますので、上にブラウスをきてもゴワゴワになりませんし、薄手なのでTシャツの下に着ても違和感は全くありません。

長持ちさせるための使い方

 

連続使用禁止
公式サイトより

 

公式サイトによると、汗を吸った状態のまま使用を続けると生地が傷みやすくなるとのことです。

「汗で生地が傷むの?」と気になったので私も調べてみました。

 

結果・・・

 

汗を放置しておくと生地が傷むというのは本当でした。

汗には水分だけでなく、塩分、たんぱく質、脂肪酸が含まれています。水分だけなら乾けば蒸発しますが、塩分やたんぱく質は繊維の間に残ったままの状態です。

 

そのまま放置しておくと当然、生地が傷み破れやすくなります。また傷みやすくなるだけでなく菌の繁殖により臭いの原因にもなりますし、環境によってはすぐにカビが生えてしまう事も。。。

 

カビが生えてしまっては、破れや痛み所の問題ではなく、そもそも着用することができなくなります。これではカーヴィーフィットではなくカビフィットになってしまいますね。。。

 

でも忙しいビジネスウーマンの場合、朝も夜も洗濯はできないのが現実です。そこでなるべくカーヴィーフィットを傷めないで長持ちさせる方法をお伝えします。

 

それは、

「脱いだらすぐに洗濯槽に放り込まない」

というものです。

 

カビや雑菌は湿気が大好きです。脱いだままの洗濯物をそのまま洗濯槽、もしくは洗濯カゴに放り込んでしまったら、どんどん増殖します。

ですので、脱いだらハンガーにかけて風通しのよい場所で仮干ししておきましょう。

※注意※

洗っていないのを忘れて次の日に、そのまま着て出かけないように注意して下さい笑

 

もちろん理想は脱いだらすぐに洗う事ですが、もし時間的に余裕がないのであれば、このように湿ったままの状態を避けるという工夫も取り入れてみてください。

これはカーヴィーフィットに限らず、どの衣服にも応用できるのでぜひ参考にしてくださいね^^

カーヴィーフィットの着方・使い方のまとめ

まとめ

 

最後に簡単に今回の記事のおさらいをします。

 

★カーヴィーフィットの正しい着方

  1. 足から履くイメージで
  2. 足を通す穴を間違えない
  3. 爪をたてない(手も足も)
  4. できれば座った状態で着用する(転倒防止)

 

★寝るとき

  1. まずは着たまま寝てみる
  2. 翌朝体調に異変が無ければ毎日続ける
  3. 寝苦しい場合はすぐに脱ぐ
  4. 着替えを枕元に置いておく

 

★普段のブラジャーはつけたまま着れるか?

  1. 普段のブラジャーをつけてもOK
  2. 寝るときと外出時で使い分ける

 

★おすすめの使い方

  1. 腹筋運動だけでくびれはできない
  2. 「ながら腹斜筋トレーニング」を取り入れる(前述の動画参照

 

★その他注意点

  1. 1枚だけで着ると透けるので外出時はインナーと割り切って使う
  2. 湿ったまま放置すると傷みやすくなる(脱いだら仮干しする
  3. 仮干ししたものをそのまま着ない

 

カーヴィーフィットは多くのくびれを目指す女性から愛されている加圧インナーです。でもその着方や使用方法を間違えると、その本来の効果を100%発揮することができません。

 

ぜひとも今回の記事を参考にカービーフィットを上手く効果的に使いこなしてくださいね^^